埼玉県志木市の税理士法人 鳥山会計 | 闘う!税務調査ナビ
HOME>鳥山ブログ
 / 税務調査 / 税務相談 / 節税 / 会社設立 / 経営相談 / 資金繰り / 不動産投資 / 事務所経営 / 新着情報 / 

鳥山ブログ

No.129

相続時における金銭の移動



平成28年4月15日
金城


 平成
28年3月に東京都板橋区の方の相続の税務調査がありました。

この調査で争点となったものは以下の3つです。

 

1.被相続人からの相続人に対する金銭の移動

2.生命保険の生命保険契約に関する権利

3.被相続人が負担した葬式費用

 

 1.の金銭については調査官が事前に口座を調べており、指摘されて金銭の移動があったということが発覚しました。
金額としては合計で1,650
万円にもなり、これは相続人がその金銭を株式投資に使っていたことから、被相続人から相続人に対する立替金として追加で課税されることとなりました。(但し、相続人の記憶の範囲内ということで小額(50万円迄)の分は除外してもらいました)

 

 2.の契約に関する権利については、当事務所としては財産性があると分らなかったがゆえに当事務所に報告をしていなかったと判断しました。
 税務署は相続税の申告前に満期保険金を収受していることから財産性があるとわかるはずだと主張しました。粘り強く交渉をしましたが認められず、これは意図的に隠していたものだということで、重加算税がかけられることになってしまいました。

 

 3.の葬式費用は、先に死亡した母親の葬式費用500万円を今回の被相続人である父親が負担していましたが、分割協議書から相続人が負担すべきものでこれも立替金になると税務署は主張しておりました。

 しかし、分割協議書に記載されていた内容は負債についての処分であり、葬式費用については言及されていなかったため、それならば慣習として夫が負担することが一般的で立替金ではないという当事務所の主張が是認されました。



川越市・ふじみ野市・富士見市・三芳町
所沢市・志木市・新座市・朝霞市・和光市

板橋区・練馬区・豊島区・清瀬市で

税理士をお探しでしたら

鳥山会計まで

 

志木オフィス 埼玉県志木市本町4-14-2 鳥山ビル

池袋オフィス 東京都豊島区池袋2-65-6 慶愛鳥山ビル

 

オフィシャルホームページ

初回相談無料
夜間土日対応している事務所です。
 
初回フリーコールでご予約下さい。
  

メールアドレス
  toriyama@toriyama-k.jp

ファックス
  


 

投稿者 税理士法人鳥山会計事務所 (2016年4月15日 16:57) | PermaLink

コメントする


 




TrackbackURL :