埼玉県志木市の税理士法人 鳥山会計 | 闘う!税務調査ナビ
HOME>鳥山ブログ
 / 税務調査 / 税務相談 / 節税 / 会社設立 / 経営相談 / 資金繰り / 不動産投資 / 事務所経営 / 新着情報 / 

鳥山ブログ

No.130

中小企業者等の少額減価償却資産の
取得価額の損金算入の特例

 

平成2822日

吉田

 

 平成282月、埼玉県内のA社とB社に税務調査が入りました。

 

 A社とB社は決算月・本店所在地・代表取締役(以下「社長」という。)が同じ会社で、2社同時に税務調査になりました。

社長は人脈が広い経営者で幅広く業務展開しており、A社でコイン式コーヒーマシン(以下「マシン」という)を購入して取引先に設置させてもらう予定で、マシン10台(129万円)を日本国内の業者(以下「C社」という)から購入し、少額減価償却資産として全額損金算入していました。

 

マシンは外国製で、取引先に設置すると不備が発生しました。

マシンを修理して使用することを検討しましたが、マシンは外国製のため日本の規格に適合していないことが判明して止むを得ずマシンをC社に引き取ってもらい廃棄処分することになりました。

 

税務調査の際にこのマシンについて以下の内容を指摘されました。

 

1. マシン10台すべてを事業の用に供していたのか。

2. 設置していないマシンがあれば損金算入は認められないのではないか。

 

社長は調査を早く終わらせたいという一心で、マシン10台すべて設置したとか10台すべて廃棄したとか曖昧な返答をしてしまい、勘の鋭いベテラン調査官が内容を細かく聞いてきました。

調査の当日は時間の関係で結論が出なかったのですが、後日、エビデンスを税務署に提出するということでその日の調査は終わりました。

 

A社はマシンを廃棄した際の書類を保管しておらず、C社に廃棄証明書を作成してもらい税務署に提出しました。

 

調査官はC社が作成した廃棄証明書を不審に思い半面調査に行きました。

半面調査の際にC社の社長が慌てて曖昧なことを言ってしまい、調査官は更に不審に思い損金算入した290万円については否認して重加を課すと言ってきました。

 

A社C社の社長と、調査官の言っていることに整合性が取れなかったため、A社C社の社長と鳥山が税務署に出向いて、調査官に真実を説明しました。

誠意をもって真実を説明し、損金算入が認められました。

 

少額減価償却資産の取得価額の損金算入の特例は、取得価額が30万円未満の減価償却資産について、事業の用に供した事業年度で損金算入している場合に年間300万円以下について申告の際に明細書を添付して損金算入が認められる特例です。

今回の調査では、事業の用に供していないものについては廃棄損として処理すべき内容だと指摘されましたが、所得金額に影響がなかったため、申告是認ということで調査が終わりました。
 社長も当事務所もほっとしました。

 

 

(中小企業者等の少額減価償却資産の取得価額の損金算入の特例)

第六十七条の五  第四十二条の四第二項に規定する中小企業者又は農業協同組合等で、青色申告書を提出するもの(以下この項において「中小企業者等」という。)が、平成十八年四月一日から平成二十八年三月三十一日までの間に取得し、又は製作し、若しくは建設し、かつ、当該中小企業者等の事業の用に供した減価償却資産で、その取得価額が三十万円未満であるもの(その取得価額が十万円未満であるもの及び第五十三条第一項各号に掲げる規定その他政令で定める規定の適用を受けるものを除く。以下この条において「少額減価償却資産」という。)を有する場合において、当該少額減価償却資産の取得価額に相当する金額につき当該中小企業者等の事業の用に供した日を含む事業年度において損金経理をしたときは、その損金経理をした金額は、当該事業年度の所得の金額の計算上、損金の額に算入する。この場合において、当該中小企業者等の当該事業年度における少額減価償却資産の取得価額の合計額が三百万円(当該事業年度が一年に満たない場合には、三百万円を十二で除し、これに当該事業年度の月数を乗じて計算した金額。以下この項において同じ。)を超えるときは、その取得価額の合計額のうち三百万円に達するまでの少額減価償却資産の取得価額の合計額を限度とする。

  前項の月数は、暦に従つて計算し、一月に満たない端数を生じたときは、これを一月とする。

  第一項の規定は、確定申告書等に同項の規定の適用を受ける少額減価償却資産の取得価額に関する明細書の添付がある場合に限り、適用する。

  第一項の規定の適用を受けた少額減価償却資産について法人税に関する法令の規定を適用する場合には、同項の規定により各事業年度の所得の金額の計算上損金の額に算入された金額は、当該少額減価償却資産の取得価額に算入しない。

  前三項に定めるもののほか、第一項の規定の適用がある場合における同項の規定の適用に関し必要な事項は、政令で定める。


 
オフィシャルホームページ
http://www.toriyama-k.jp/

税務調査ナビ
http://www.tk-zeimuchosa.com/

 
初回フリーコールでご予約下さい。
  0120-988967

メールアドレス
  toriyama@toriyama-k.jp

ファックス
  048-476-8587
 

 

 

 

 

 

投稿者 税理士法人鳥山会計事務所 (2016年4月22日 09:33) | PermaLink

コメントする


 




TrackbackURL :