埼玉県志木市の税理士法人 鳥山会計 | 闘う!税務調査ナビ
HOME>鳥山ブログ
 / 税務調査 / 税務相談 / 節税 / 会社設立 / 経営相談 / 資金繰り / 不動産投資 / 事務所経営 / 新着情報 / 

鳥山ブログ

No.88

<タイプ別投資方法>

平成25年5月14日
鳥山 昌則

 

正確な情報を絶えず仕入れ、トレンド(傾向)とレンジ(上下の幅)に信念を持つことが重要です。

性格により次のような投資姿勢が考えられます。

金、株式、FX(共通)


1.   手堅いタイプ
現物のみを鉄則にする。

この場合は、トレンドが買いであり、レンジに従い、上限に近づければ売り、レンジの下限に近づいたら買うといったものです。

この場合も持ち金を3分の1から2分の1に分けて、ナンピン買いも視野に行動すると安全に、着実に成果をあげられます。

1  耳より情報
田中貴金属工業の売買価額は
11回で、午前930分頃発表されます。
先物の動きをインターネットで見て急落したときは、現物を売りにいき、急騰したときは、買いに行けばタイム差で儲けられます。

※2   金の現物の売却による利益の税金→総合譲渡所得でその年で50万円まで無税、5年超の所有期間があれば、50万超の所得の1/2で、総合課税になります。

 

2.   ちょっと冒険タイプ

現物買いを基本に上がったときに、ヘッジで先物、信用で売り、下がったときに利食いと、信用買いを繰り返すことで2倍の儲けを目指す。

※3 先物取引、FXの税金→雑所得として、源泉分離課税利益の20%分離課税、損失の3年繰越制度あり、利益が多い程、総合課税より有利 雑所得の中では損益通算可能

4 商品先物に抵抗感がある方は、東証のETF(投資信託)で純金投信があります。(信用取引もできます)

 

3.   チャレンジ冒険タイプ

FX、商品先物、株の信用買いを基本に売買します。

但し、やり過ぎは禁物。持ち金の5分の1から3分の1でやりましょう。二刀流をうまく使い分けても2分の1を原則にしましょう。


先程の金の暴落は、滅多にありません。

通常は、金で500円(10%)以内のレンジでの動きです。

例えば、金なら4,300円から4,800円のレンジ、トレンドは今回の暴落とドル高傾向、インフレ懸念の後退、シェールガス革命による原油の下落、欧州の金融危機などにより、下へ向かうものに入った可能性があります。


この場合もレンジは付き物です。(下値切り下げ型)

売り優勢にして、売りポジションを7割、買いポジションを3割にします。

4,200円から4,700円と500円幅を下値を下げてもっていきます。

4,700円の時、売りを9割、買いを1

4,200円の時、売りを3割、買いを7割です。

買いを早めに利食います。

5  株式の税金、上場株式、平成25年末迄分、源泉分離課税で10%、損失は配当と通算可能、損失の3年繰越控除制度あり、利益が多い程有利

投稿者 税理士法人鳥山会計事務所 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
No.87

検証)最近の金の急落にどう対応すべきであったか

平成25年5月13日(月)
鳥山 昌則


前日まで
1g約5,000円をつけていた東京の商品先物金価格は415日に4,580円と400円以上急落、翌16日には一時的に4,132円と更に448円の暴落をみせました。

両日で約
17%の下落です。

この2日間の投資家の行動はどんなものであり、どうあるべきかを研究してみます。

 

1.  急落の背景

①金価格は20033月に1,300円だったものが10年間で201325,081円と4倍近く上昇して、一服感があったこと(高値恐怖心)

②ドル円相場が100円/ドル同前で足踏みとなり、97円台まで円高になったこと


③利食い売りがパニック売りにつながったこと。
16日の下げはストップロスによる強制的な投げ売りによるものです。
15日、16日ともに出来高が異常に増えていることが、これを物語っています。

 

2.  買っていた場合の損失

300万の資金で100万分の建玉があったとします。

(手数料はインターネットであれば、1枚当たり756円と安いので考慮外とします)


基礎知識


1,000,000
円分の建玉は証拠金が1198,000円×5枚分=990,000


1,000
g×55,000g分×5,000円で25,000,000円分


100
万円で2,500万円分の取引、約25倍です。株式の信用取引が約3.3倍ですから、いかにレバレッジが凄いかが分かりますね。


ちなみにFXは米ドル/円で証拠金が
40,000円、10,000ドルで1ドル100円として100万円、4万円で100万円分の取引、やはり約25倍です。
売りも買いも同時に注文可能です。


① 買いのみの場合

4/15 5,000円→4,580


420円×1,000g×5枚=△210万円


この段階で証拠金不足が発生します。


(預け金)
300万円-必要証拠金99万円-損失210万円=△9万円


翌日午前中までに追加証拠金を入金しないとすべての建て玉がカット(ロスカット)され、損失が確定されます。

210万円しかも翌日の16日は更に下落、4,580円→一時4,132円△448円となってしまった為、更に損失が膨らみます。


あと
300万円を追加して、ようやく持ちこたえるのがやっとです。


おそらく何も出来ません。

恐ろしくて、
5枚分5,000円の買値に戻るのを待つのが精一杯です。


② 売りのみの場合

4/15 5,000円→4,580円     

420円×1,000g×5枚=210万円の利益


70
%の利益です。


更に
4/16に買戻しをすべてしていれば、200万円は利益の積み上げができたでしょう。


合計
410万円の利益で、元金300万円が137%増しとなります。


この場合の選択肢、


ケースA
    全て利食ったうえ、
4/154,600円で3枚買いを入れる。


預け金
510万-証拠金594,000円=4,506,000円余裕資金


4/16
 更にナンピン買いを4,200円で3枚入れる。


4,506,000
-(損失)1,200,0003,306,000円-198,000×3枚=2,712,000


その後、
430日には4,600円迄戻っている。ここで売却すると、


3/15
 3枚買い 4,600円→4,600円 ±0

3/16 3枚買い 4,200円→4,600円 400

400円×1,000g×3枚=1,200,000

5,100,000円+1,200,000円=6,300,000


利益は
330万円110%の利益です。

 

ケースB    4/15 3枚利食ったうえ、4/16に残り2枚を4,200円で利食い、買いを10枚入れる。


4/15
 400円×1,000g×3枚=+120万円

4/16 800円×1,000g×2枚=+160万円

300万円+120万円+160万円=580万円

買い10枚分 198万円の証拠金は十分にある。


4/30
 4,200円→4,600円で10枚売却すると、

400円×1,000g×10枚=400万円

預け金は、580万円×400万円=980万円 227%の利益です。


但し、あくまで下げすぎの反動を狙う場合で、そうそうこうはうまくいきません。

 

③ 売りと買いを持っていた場合(二刀流)

ケースA   売り3枚、買い2枚の割合の場合


4/15
に売りを2枚利食い


400
円×1,000g×2枚=80万円


3,000,000
円-3枚分証拠金594,000円+800,000円-評価損(2枚)800,000円+評価益400,000円=2,806,000


4/16
に売りの残り1枚を4,200円で利食い


800
円×1,000g×1枚=800,000


5
枚を新規買いする。


3,000,000
円+800,000円+800,000円-証拠金7枚分1,386,000円-評価損1,600,000円=1,614,000


4/30
4,600円で買いを全て売却すると


後の
5枚分400円×1,000g×5枚=200万円


前の
2枚分400円×1,000g×2枚=△80万円


預け金
4,600,000円2,000,000円800,000円5,800,000円


93.3
%の利益率

 

ケースB    売り1枚買い、買い4枚の割合の場合

5,000円より金は上昇するものと考え、買い優勢でポジションをとっていた場合)

4/15 そのまま何もしない

買いの4枚分 400円×1,000g×4枚=△1,600,000

売りの1枚分 400円×1,000g×1枚=400,000

証拠金 3,000,000円-990,000円-1,600,000円+400,000円=810,000

4/16 4,200円で売り1枚を利食い

800円×1,000g×1枚=800,000円


証拠金不足になる為、買いには出動できない。


4/30
 4,600円で全て売却すると損失は、

400円×1,000g×4枚=△160万円


4/16
300万円を追加して、買い5枚を入れていれば200万円のプラスで、差引40万円のプラスになる。


売りを少しでも持っていることで、被害を少なくし、次の一手の気持ちを持てることになる。


投稿者 税理士法人鳥山会計事務所 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
No.86
<相場に負けない必勝法>
平成25年5月10日(金)
鳥山 昌則
 

“トレンドとレンジそして二刀流”

去年の後半からアベノミクスで円安、ドル高、株高、金高が続いています。

株式セミナーなどは、活況を呈しているようです。

セミナーへ出かけて行くのもよいのですが、エコノミストなど講師のいいなりにならないことが大切です。

自分なりの信念、流儀、考えを持っていないと必ずいつか相場にやられて大損をします。

自分の考えが当っているか参考意見程度と考えておくといいでしょう。

私も二十代から株式、商品、FXと相場を楽しみ、数々の成功と失敗を繰り返してきました。

ここ8年以上は休むも相場で賃貸不動産投資に励んできたものですから、少し遠ざかってきました。

最大の理由は円高でした。

70円台のときは、上限にはりつき、必ず円高方向に振れたためです。

極端な話し50円台の円高もあり得ると感じたのです。

今年の正月に”流れが変わった”と書きました。

円安傾向(トレンド)がはっきりしたと。

だから、株も商品もドルも金も値上がりすると、そして最後は不動産です。

賃貸不動産を購入するための頭金を稼ぎましょう。

株は9,000円が14,000円に金は4,000円が5,000円にドルは75円が99円台に30%くらい値上がりしています。

私も、トレンドがはっきりした以上、買い増しました。

安倍と黒田でアベクロミクスに賭けます。

日本は、長年バブル崩壊、デフレ、リーマンショックと失われた20年余を過ごしてきたのです。

いいかげん、今までと違うことを考え実行しなければ、輝かしい未来はあり得ないのです。

乗ってみようではないですか。

私の信念としてはまず、自分がやってみて考えを実行し、良いものはすすめ、悪いものはヤメて頂くことにしています。

30年の経験と実証により私の相場必勝法を編み出しました。

1.長期の傾向(トレンド)を読む   
 円安ドル高 100円、120円、150円、200円

2.銘柄に絞りこむ   
 
ドル 日産自動車

3.上下の幅(レンジ)をつかむ   
 
1ヶ月間の上下限の幅の中で稼ぐ ドルなら95円~100円

4.最低単位での売買に徹する   
 FX 1枚 日産 100株 金 1枚

5.資金は、1/5から1/3に分けて万一の為に半分は残しておく   
 
500万出せるなら100万づつ買う。

6.買いと売りを両方使う   
 
宮本武蔵にちなんで二刀流と名付ける。
 トレンドとレンジの位置により、買いと売りのポジションの割合を変える   
 
最大のリスクヘッジになる。
 買いの方だと、大きく下振れしたときに大損をし、最大のナンピンチヤンスにもかかわらず、  買い出動する元気がうせてしまう。
 わずかでも売りポジションをもっていれば、利食いをしてナンピン買いにいける。

7.売買手数料が安く機動性があるインターネット契約をする  
 
インターネット売買は、自分の判断で手軽に出来ることと、手数料が1枚当り200~300円で売買金額の0.03%くらいです。
 昔は3%くらいでしたから大助かりです。

8.1枚(100株)当りの儲けの金額又は%を決める   
 例えば、ドル円だと1枚当り証拠金約40,000円に対して、約1,000,000円の売買です。
 約25倍のレバレッジ(テコ)の効果です。
 1円動くと約1%の動きと成り、約10,000円の損益がでます。
 ここで利喰いを決めるのです。

9.のめり込まない   
 
ちょっと儲けると調子に乗って、会社を締めてデイトレーダーになるなどという方がいますが、相場はそんなに甘いものではありません。
 ビジネスも相場も合戦なのですから、やはり本業をしっかりコツコツとやりながら、余裕資金で、朝・昼・晩に相場をチェックして手を打つという、中、長期で望む姿勢が利益を引き寄せます。

10.きちんと申告し、目標を持つ  
 
特定口座にしておき、確定申告を要するときはきちんと申告をする。
 上場相場による損益は、3年間通算できたり、配当と相殺できたり、分離課税で税率が優遇されていたりと大変得になっています。
 例えば、株で1,000万儲けた人が3,000万の給料がある人だとすると、総合課税だとすれば500万税金がかかるところ、上場株式であれば、100万円ですむということになります。
 逆に損をした場合は、給料と通算できないので、3年繰越控除を選択し、次年度以降のリベンジを狙います。
 損すると泣きっ面にハチになるので、絶対に勝つ必要があるのです。

相場での儲けに関する経費について当事務所では、必勝法があるので興味がある方は問い合わせ下さい。

最近、当事務所のお客様の中に株で何億円も儲かったので不動産投資を考えているというご相談に見えた方がいらっしゃいます。

賢い選択だと思います。

半分利喰って利益を確定し、順次、賃貸不動産で安定経営と確実な財産を持ち、相続税の節税と打って出ていけます。

この方は8年位前にある銘柄に買いを入れリーマンショックのときは、買い値の3%にまで下がったが、ここで根性を入れナンピン買いをし、株式分割を繰り返して株価も上昇した為に、何億円もの利益を手に入れることができたと話されていました。

強い信念と負けない気持ち、行動力には、感服です。

株、円、金はだいぶ値上がりしてきましたが、アベクロミクスの2年間は上昇傾向だと考えています。

消費税の段階値上げとも重なります。

かけこみ需要で、物価も景気も上がり気味でしょう。

金利は、日銀の金融緩和も含め世界的に低金利と考えられます。

この間は、基本的に買いトレンドでしょう。

但し、この間も必ず激しい上下動はあります。

このとき二刀流がものをいいます。

売りは、買いより少なめです。

最高で買いの80%でしょう。

そして、2年間の間も不動産の中で良いもの(利回りの良いもの、駅から近い、土地が広い場合)は、じわじわと上昇しはじめます。

不動産は、当事務所グループで仲介、管理、節税とすべてのサービスが揃っています。

二刀流のいいところは、上昇相場(トレンド)が終わっても、売りを増やし、買いを減らすことによって、下げ相場(トレンド)でも利益を出せることです。

いわば変幻自在なのです。

私も今、上記、10の掟により、株式、商品の中でも金、FXの中でもドル円で実践中ですが、徐々に効果を上げてきております。

去年までは、多数の方が確定申告で株の損失を出していましたが、今年は、利益が出る人が相当増えるのではないでしょうか。

期待しています。

私も儲けの親分になって実践税理士としてセミナーを開催したいと考えています。

セミナーの場所は、埼玉県志木市本町5丁目ダイエー前プラザ鳥山2Fのセミナールーム 定員は100名、

題名は、
「現役税理士が明かす実践、株式、FX、金の投資戦略」
~相場の必勝法、売り買い同時作戦、二刀流による勝ち残り方と今後の相場展望~

日時は、平成25年中ですが、私の相場実績を恥ずかしくないものにしてからにします。

相場好きによる討論会もいいなと考えています。

ブログで引き続きご覧下さい。

皆様乞うご期待!!

あなたと運命共同体、あなたの立場で最適なアドバイスを致します。

オフィシャルホームページ
http://www.toriyama-k.jp/

税務調査ナビ
http://www.tk-zeimuchosa.com/

 
初回フリーコールでご予約下さい。
  0120-988967

メールアドレス
  toriyama@toriyama-k.jp

ファックス
  048-476-8587


投稿者 税理士法人鳥山会計事務所 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
No.85
平成25年 事務所経営
平成25年5月2日(木)
鳥山 昌則
 

今回4月に税務会計の担当者の補助者としてパートの募集を出しました。

折り込みチラシで日曜日に出して17名くらいの応募がありました。

パート募集はハローワークよりも折り込みチラシの方が効果があるようです。

結果、鳥山会計で6人、グループ会社(不動産)で2人を採用しました。

原則的に担当者1人に1人の補助をつけて業務の効率化と顧問先への相談サービス体制の効果を狙っています。

将来的には、今回採用したパートの中で担当者に成長する人、担当が補助者を数人管理できる人などが育ってくれればいいなと考えています。

組織作りは人作りです。

同時に、副所長、課長2名、社会保険労務士、班長4名には権限と責任を委譲してしっかりやっていける体制にすることにしました。

事務所の人数も30人を超え、グループ全体では40人超えです。

武田信玄の「人は石垣、人は城、人は堀」=「企業は人なり」という言葉に通じます。

顧問先向けには、次のような施策を行いたいと考えています。

①プラザ鳥山の2Fにむさしの相続相談室、企業家応援ブース、セミナールームが完成します。

税理士業界、不動産業界初の税理士報酬、事務所、店舗家賃に助成金による応援システムを稼動させます。

※鳥山会計事務所、プラザ鳥山に看板がつきます。

アベノミックスに賭けて、当事務所もボーナスを含め頑張って成果を出した人には3%(2%を50%プラスして)の給料増で日本の景気に貢献したいと考えています。

やはり変化に対応していくことが進化の歴史ですから。

オフィシャルホームページ
http://www.toriyama-k.jp/

税務調査ナビ
http://www.tk-zeimuchosa.com/

 
初回フリーコールでご予約下さい。
  0120-988967

メールアドレス
  toriyama@toriyama-k.jp

ファックス
  048-476-8587
投稿者 税理士法人鳥山会計事務所 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
No.84

近況税務調査(平成25年3月~5月)

平成25年5月1日(水)
鳥山 昌則


海外取引の多い会社の税務調査2件のうち1件が終了しました。

昨年12月より会社において2日間、埼玉県の某税務署の統括官自らが業務調査に出張してきた事案がようやく4月に入り終了しました。

当該会社は中東へ日本から中古車を輸出することをメインにしていて社長は外国人です。

私が関与して10年余、輸出免税により毎年多額の消費税還付を受けていましたが、税務調査になったのは今回が初めてでした。

社長の知人の外国人の会社は、その間に2回は、税務調査に遭い、相当な追徴税額を支払っていたようです。

統括官は、何かをにらんできたようで、特に外国会社とのインボイス等のやりとりは入念に調べていました。

相当疑問があったようで私が途中強力に終了を催促しても日数を引き延ばして何かと追徴税額を獲得しようとしていたようです。

結局、終結まで、4ヵ月かかりました。

出たのは契約書の印紙税とアルバイトの給与に関する源泉所得税でわずかの金額でした。

社長はほっとして大喜びです。


残る税務調査

①3月から始まった外国からオートバイを輸入する法人(埼玉県)
☆別の税務署から国際情報専門官が出張で合同調査になりました。
また、税務調査中に修正申告書を自主的に提出した初のケースです。

②同3月から始まった不動産会社への税務調査(埼玉県)

③外国法人へ著作権の支払いと外国人翻訳家に対する源泉所得税部門の調査(埼玉県)

④5月に初調査を迎える土木会社の税務調査(東京都)

⑤同5月に税務調査を迎える不動産会社の消費税還付に対する税務調査(埼玉県)

⑥強引な税務調査により修正申告書を提出したケース(重加算税案件)についての憲法16条に基づく請願書の提出事案

オフィシャルホームページ
http://www.toriyama-k.jp/

税務調査ナビ
http://www.tk-zeimuchosa.com/

 
初回フリーコールでご予約下さい。
  0120-988967

メールアドレス
  toriyama@toriyama-k.jp

ファックス
  048-476-8587

投稿者 税理士法人鳥山会計事務所 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
         
11