埼玉県志木市の税理士法人 鳥山会計 | 闘う!税務調査ナビ
HOME>知っておきたい基本中のキホン

調査の流れ

一般的な税務調査の準備から完了

一般的な税務調査の場合、まず税務署内で提出された申告書や決算書の書類審査が行われます。 この段階で問題がなければ、実地調査は省略されます。

↓

実地調査で不審な点があった場合に取引先や銀行との取引状況を調べ、その申告内容を確認します。実 地調査の補助的な調査方法といえます。 ● 一般調査
準備調査で問題があれば実際に納税者のところへ行き実 地調査が行われます。現金・預金残高・在庫などの資産を実査し、申告内容と違いがないか調べたり、帳簿の記録や証拠書類から、納税者の取引内容をチェック します。

● 反面調査
実地調査で不審な点があった場合に取引先や銀行との取引状況を調べ、その申告内容を確認します。実 地調査の補助的な調査方法といえます。

↓

修正申告・更正・決定 ● 修正申告
申告所得、または税額が過少であった場合などに、納税 者が自発的に誤りを認め、申告をやり直すことです。

● 更正
税務調査によって申告所得額や税額などに誤りが認められた場合に、税務署長がこれを是正するため の処分をいいます。

● 決定
申告納税すべき者が申告を提出しなかった場合に、税務署長が税務調査によって所得金額や税額を確 定する処分をいいます。

↓

更正や決定に納得がいかないときに、納税者は不服申し立てをすることができます。


最近の調査の動向

問い合わせ